社会人のマナー/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > あれこれ知りたい!【将来、なにしたい?】社会人のマナーとは

社会人のマナーとは
「社会人」イコール「常識をわきまえた大人」と認識されます
学生時代では許された事も、社会人では許されない事が多々あります。なかには、常識が備わっていない残念な社会人も存在します。そうならないためにも、ここでしっかりとマナーを身につけましょう。
身だしなみのマナー
職場では、流行よりも清潔感のある服装のほうが好感を持たれます。ワイシャツやブラウスには必ずアイロンをかけ、汚れのない清潔な服装を心がけましょう。
新入社員のときはなおさら、周囲に合わせた服装が無難です。やや控えめな服装のほうがさわやかな印象を与える事ができます。男性のネクタイも派手なもの、やわらかい素材のものは避けましょう。ネクタイの結び目が緩んでいないかどうかも、しっかりチェックするようにします。
男性と女性の身だしなみチェックポイントを挙げてみますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
男性の身だしなみチェック

寝癖がついていないか
フケが浮いていないか
髪が長すぎではないか

ヒゲは剃ってあるか
鼻毛が伸びていないか
名札、社章(ある場合)
見える位置(左胸)についているか
シャツ
襟や袖口が汚れていないか
シワが目立たないか
ズボンからシャツが出ていないか
ネクタイ
シミや手垢で汚れていないか
スーツ
ジャケットが派手すぎないか
フケや髪の毛が付いていないか
ボタンはきちんとついているか
ほころびているところはないか
ポケットに物を入れすぎていないか
ネクタイと調和しているか

きちんと切ってあるか

よく磨いてあるか
女性の身だしなみチェック
髪、メイク
髪の色は明る過ぎないか
フケが浮いていないか
前髪で顔が隠れていないか
メイクが派手すぎないか(ノーメイクも社会人マナー違反です)
名札、社章(ある場合)
見える位置(左胸)についているか
服装
襟や袖口が汚れていなか
シワやほころびはないか
下着が見えていないか
ストッキングは伝線していないか

ネイルが派手すぎないか
長すぎないか
汚れていないか

よく磨いてあるか
服装と調和しているか
ヒールは高すぎないか
以上の事をチェックしておけば、ほとんどの場合はOKだと思います。
とくに女性は、スーツの色は黒、紺、ベージュ、グレー等の無難な色がおススメです。スーツをあまり着ない職場でも、最低限スーツ3着、シャツ7枚はそろえておきましょう。そしてテーマカラーを決めて、それに合わせてそろえるようにしていくと着回しができてとても便利です。また、女性の場合はシンプルなものであればアクセサリーで変化を楽しむ事もできます。
服装のマナー
社内マナーの範囲内ならば、オシャレは許されると考えていいと思います。自分なりに工夫して、素敵に着こなしてみましょう。ただし、やりすぎは禁物なのでくれぐれもご注意を。
女性のオフィスウェアと通勤服
女性の通勤服は、全体的にカジュアルなものになってきています。社内ではオフィスウェアに社内用のパンプスというスタイルが多いので、仕事後にそのまま食事等に行けるような服装で出勤する女性がほとんどです。しかし、職場が商社や金融関係の場合は、ベーシックなジャケットやセットアップスーツが基本となります。
ブラウスの色は薄いピンク系かブルー系、もしくは白がベターです。仕事後に予定がある日は、光沢感のあるブラウスを選ぶといいでしょう。襟をジャケットの外に出すと首周りが寂しいので、ワンポイントにネックレス等のアクセサリーをしてもいいですね。
靴は派手すぎないパンプスのローヒールが一般的です。スーツに合わせた色を選びましょう。
男性のネクタイ
ネクタイを選ぶときは、スーツとシャツに合わせる事がポイントです。ベースの色が紺や濃いブルー、ワインレッド、濃いグリーン等の無難な色にすると合わせやすいのでおススメです。特にワインレッド系は万能で、茶系、紺系、グレー系のどんなスーツにも合います。逆に、地味な色にしてしまうと全体の色がボケてしまって印象が薄くなってしまいますので注意しましょう。色に自信がない人は、黒を基調にした小さめのドット柄がオーソドックスでいいかもしれません。
ネクタイの柄は小さいものが無難です。大きめの柄だと、どうしても派手に見えてしまいます。
カバンの選び方
大きさは、自分の日常業務にとって必要最小限のものにしましょう。そしてできるだけ軽いものを選ぶようにします。最低でもA4サイズの書類が入るものにしましょう。特に書類を頻繁に持ち運ぶ方は、もうひと回り大きいA3サイズのものがおススメです。
カバンの素材は、皮製品が良いでしょう。使い込むほどに味がでてきます。
ショルダーバックやリュック等は避けたほうがよさそうです。
職場でのルール
会社によって規則は異なりますが、基本的な事は共通しています。配属されたらまず、その職場の決まりやルール等についての情報を把握しましょう。こうしたルールを知らないままでいると、人間関係や仕事に影響を及ぼしかねません。
職場の人たちの行動をよく観察し、わからない事は必ず聞いたり調べたりしてそのままにしない事が重要です。
職場での基本的なルールについて挙げてみました。
出社、退社時は必ず挨拶をする
何事にも肯定的に、協力的に
公私混合しない
上下関係をあやふやにしない
相手の話やアドバイスに、きちんと耳を傾ける
自分本位の話や話し方を慎む
慣れてきても馴れ馴れしくしすぎない
叱られたりミスをしたとき、感情的にならないようにする
退社時は必ず机の上を片付ける
基本的な事も多く含まれています。常に「学ばせて頂く」という姿勢を忘れずに、向上心を持ち続けましょう。
電話のマナー
電話対応には、「迅速」「正確」「簡潔」が求められます。慣れないうちは電話が怖いかもしれませんが、これは慣れるしかありません。電話が鳴ったら積極的に取り、正確に取り次ぎましょう。
「迅速」に
3コール以内で電話を取りましょう。もし3コール以内に出られなかった場合は「大変お待たせ致しました」と一言付け加えるようにします。
「正確」に
はっきりと発音し、語尾を明確にしてわかりやすく聞きやすい言葉遣いで話すようにします。また、先方の用件は必ずメモをとる事。5W1H(いつ、どこで、誰が、なにを、なぜ、どのように)を必ず聞くようにします。電話を切る前に、必ず相手の名前や用件を確認(復唱)しましょう。相手の名前を聞き間違えたために、大きな問題に発展してしまう事もあります。「○○会社のXX様でいらっしゃいますね」と、必ず確認しましょう。
「簡潔」に
自分から電話をかける際、挨拶は必ずしますが、話の内容は手短に済ませるようにしましょう。時間を無駄にしないためにも、5W1Hはきちんとメモ等に書いて言い忘れがないように準備しておきましょう。相手の要求を正確に理解するためにも、集中力や判断力を身につけましょう。
携帯電話のビジネスマナー
今ではビジネスに欠かせない携帯電話。大変便利なツールですが、マナーを守らないと電話の相手や周囲の人に迷惑をかけてしまいます。
会議中や打ち合わせ、また他社への訪問時は、できれば電源を切るのが望ましいのですが、それが無理ならせめてマナーモードにして、会議や打ち合わせ等の進行を妨げないようにしましょう。机の上等固いものの上に置くと、万が一着信があった際振動で思わぬ大きな音がします。カバンやスーツのポケット等に入れておきましょう。
また、携帯電話には緊急のメッセージが入る事も予想されます。ビジネスチャンスを逃す事のないように、留守電はこまめにチェックしましょう。

HOME > あれこれ知りたい!【将来、なにしたい?】社会人のマナーとは

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号