メイクレッスン/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > あれこれ知りたい!【美容について知りたい!】みんなのメイクレッスン

みんなのメイクレッスン
もメイクって難しくて上手くできないとお悩みのアナタ!
キホンをお教えします。
基本さえ押さえれば、あとは慣れ。「自然に」がキーワード。
メイクの前に、プロから一言
ヘアー&メイクアップアーティストによると、メイクは「きれいになりたい」と思いながらする事が大切なのだとか。そう意識するだけで、何倍も美しく仕上げる事ができるのだそうです。また、メイクを面倒だと思ったり、吹き出物やシミ、ソバカス等の肌トラブルばかりに気をとられていませんか?メイクにやる気がないと、あなたをキレイに演出できません。また、全体のバランスが崩れてしまうので一点集中型のメイクもNGです。気になる部分は後回しにして、まずはキレイになりたい!と思いながらメイクしましょう。
メイク前にお肌を整える3つのキホン!
キホン1.顔のうぶ毛をしっかり剃る
顔のうぶ毛を剃るだけで、顔全体のトーンが一段上がります。また、肌がフラットな状態になるのでファンデが均一に延びるため、ベースメイクがきれいに仕上がるというメリットもあります。顔のうぶ毛は、鼻を中心に放射線状に生えています。毛の流れに逆らって剃るとお肌を痛めてしまうので、必ず毛の流れに添って剃刀を入れましょう。
キホン2.化粧水は押し込むように
乾燥による化粧崩れを防ぐため、メイク前にはお肌へしっかりと潤いを与える事が重要です。化粧水をただつけるのではなく、毛穴の奥に押し込むようにパッティングしながらつけましょう。顔全体にたっぷりと化粧水をつけた後、お肌の表面が少し乾くまで時間を置くと、お肌の奥まで潤いが行き渡りますよ。
キホン3.乳液は必ずティッシュオフ!
通常は、乳液なしでベースメイクを始めてもOKなのです。乳液には潤い成分が多く含まれているので、お肌を滑らかにする効果があり、ファンデの延びがよくなります。しかし、その反面、潤い成分がファンデと混ざり合うとヨレや崩れの原因となってしまいます。乳液を顔全体に延ばした後は、必ずティッシュでオフしましょう。余分な水分を取り除く事で、メイクも潤いも持続しますよ。
目指せ美肌!ベースメイクのキホン
ベースメイクで、その日のメイクの出来が決まります。ベースをしっかりと行なうと、化粧崩れやファンデのヨレを解消できますし、簡単なメイク直しで一日中美肌をキープする事ができるのです。
色つき下地をチョイス!
化粧下地は、自分のお肌よりもワントーン明るい色つきのものを選ぶ事。下地によって層ができ、ファンデのノリと発色がよくなるのです。全体的にたっぷりと使用し、毛穴部分は埋めるようにたたき込みましょう。
また、目のクマが目立つ場合は、ピンクのコンシーラーでカバーしておきましょう。
ファンデはハケ塗りがオススメ!
ファンデーションは、ハケで塗るとムラになりにくい上にお肌を傷つけず、滑らかに広がってキメ細かい肌に仕上がります。ハケがなければ、スポンジではなく手の指で叩くように塗るほうがきれいな仕上がりになるのだそうです。
そして全体にファンデを馴染ませたら、ムラになっていたり崩れやすい部分をスポンジでオフ!余分な油分を吸収させて、美しい仕上がりになります。
パウダーは、全体にたっぷりと
ファンデの後は、パウダーで顔全体を覆うようにたっぷりと均一に!化粧崩れを防ぎ、艶やかなお肌を演出できます。顔にパフを滑らせる前に必ず、パウダーをパフにモミ込みましょう。こうする事で、パウダーを均一にお肌へ乗せる事ができます。
アイメイクのキホン
ベースメイクの次は色づけのメイクアップです。あなたの魅力を引き出すテクニックが満載!
アイブロウ
眉毛は、ラインを引くだけだと時間が経つにつれてまだらになってしまいます。薄く輪郭を作って、眉毛一本一本を丁寧に書き込む事が大切。自然でムラのない眉に仕上がります。
アイメイク
1.アイシャドー
a.まぶたにもファンデをしっかり塗っておきます。そうする事で、アイシャドーの発色とノリがよくなるのです。
b.基本的には、眉からまつ毛の間の広い部分からアイホール、まつ毛上へと濃い色を重ねていきます。カラーは洋服の色と合わせるといいですよ。
c.白のハイライトを眉尻の下に入れる事で、目の骨格がはっきりと浮きだしてホリが深く見えるのでオススメテクです。

2.アイライン
まつ毛とまつ毛の間を塗りつぶすようにしてからラインを入れるとキレイに仕上がります。目じりは綿棒の先をとがらせて、スッと伸ばすようにするといいでしょう。

3.マスカラ
マスカラをした時にまつ毛がダマになってしまうのは、ホコリやメイク残りのパウダー等が原因です。ビューラーでしっかりクセ付けした後に、筆で軽くまつ毛を整えましょう。
それから、マスカラの後にビューラーを使用するのはNGです。不自然になってしまいます。
くちびる
カサカサしてひび割れているくちびるは、老け顔の原因になってしまいます。メイク前に薬用リップクリームをたっぷりと付けておき、しばらく放置してからリップを乗せると艶やかで美しいくちびるになりますよ。さらに、たっぷりのグロスでコーティングする事によって色持ちが良くなります。
チーク
チークの基本は、骨格をシャープに見せる事です。鼻の下の平行なラインと黒目の真ん中から下に伸ばしたラインを結んだ範囲にチークを乗せ、耳の中心へ伸ばします。また、可愛い印象に仕上げたいときは、その範囲に丸く円を描くようにピンクの色を乗せるとポッと赤くなったような表情になります。
メイクのポイント
メイクの色を付ける前に、「強調したいパーツ」「使いたい色」等、ポイントとなる部分をしっかり決めましょう。ポイント部分からメイクをしていき、それに合わせてその他のパーツにとりかかればバランスが取れてキレイな仕上がりになります。

HOME > あれこれ知りたい!【美容について知りたい!】みんなのメイクレッスン

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号