異性に求めるもの/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > 彼と彼女の恋活情報【お役立ち情報】男女別恋愛心理学~異性に求めるもの~

恋愛心理学~異性に求めるもの~
性心理学
女性にとって、男性の心理はナゾ。男性の言動に疑問を抱いた経験のある女性もいるはずです。その言動の理由を探ってみましょう。
男の価値観とは
男性は、スペックにこだわると言われています。例えばお店で商品を購入した際、「なぜそれを選んだの?」という問いに、男性は次のように答えます。「このメーカーの、こういう機能に惹かれたから」「競合商品と比較して、この機能が優位だと感じたから」というような答え方をするでしょう。
これは、女性とは全く異なる考え方なのです。女性は「かわいいから」等が主な理由だったりするので。だから、女性は「男性の考えている事は分からない」と思ってしまうのです。
考え方が違うので、話の受け取り方も男女で違ってきます。そのため、女性が何気なく発した言葉によって深く傷ついてしまう男性もいるのです。
女性の感想によって、男性はどう思うか
例えば、カップルで映画を観に行ったとします。公開されてからの評判が良かったので、男性から彼女を誘いました。そして二人で観終わってから彼女が言いました。「この映画、評判のわりに面白くなかったね」
このシチュエーション、女性にとっては普通の会話なので何とも思いません。しかし男性は、ヘコむか不機嫌になるかすると思います。それはなぜでしょう。
男性は「オレが選んだ映画、つまらなかったのかぁ。趣味が合わないなら、彼女をデートに誘うのはやめた方がいいかな。」なんて思ってしまうらしいんですよ!女性としてはびっくりするような捉え方!
もちろん、この女性は男性を傷つけようとしていたわけではありません。「今観た映画がつまらなかった」という事を会話のネタにしようとしただけなのです。「つまらなかったね」という話で場が盛り上がれば、それにより楽しい時間を過ごせると考えるのが女性です。
しかし男性は、自分が選んだ映画やレストラン等を女性に批判されると自分自身を否定されたように感じてしまうのです。そもそも男性というのは、「自分の行動結果に対しての評価」と、「自分自身の評価」がイコールなのです。ですから男性の場合この映画のシチュエーションでは、「女性を喜ばせる事ができなかった」イコール「自分には価値がない」という方程式が成り立ってしまうのです。う~ん。ちょっとネガティブかなと思ってしまうのは私だけでしょうか。

それでは、このシチュエーションの場合、女性は何と言ったらいいでしょうか。男性をヘコませないために「面白かったね」とウソを言う?いいえ、そんな必要はありません。感想は正直に言いましょう。その後、きちんとフォローを入れればいいのです。「でも、一緒に観れたからなんだか楽しく感じたね」なんて言ってみてはいかがでしょうか。男性は基本的に単純なので、「映画は面白くなかったけど、あなたと一緒に居るだけで楽しいんだよ」という気持ちを伝えれば、男性の喜び様は半端ないと思います。女性から喜ばれると男性は自信を持つ事ができ、自分を認めてくれた女性をさらに大切にしようと思うのです。
ゴコロをとらえるテク
世の男性たちは、どんなテクニックを使って女心を捉えようとしているのでしょうか。
そのテクニックをご紹介します。
女性は演出に弱い
あまりにも凝りすぎな演出は引いてしまいますが、女性は演出に弱いもので、サプライズが大好きです。前回のデートで話題になった小物をプレゼントしてくれる等の、彼の意外な行動に感激します。金額は関係ありません。女性は、男性の気持ちが嬉しいのです。しかも、さりげないのがいいですね。恩着せがましいのは最悪です。
特に彼女の誕生日には、何かサプライズを考えてみましょう。ポイントなのは「意外性」です。
例えば、彼女の誕生日にケーキを手作りしてみるなんてどうですか?普段料理をしない男性ならなおさら、「意外性」は抜群ですよね。上手にできなくてもいいんです。レシピ本を見ながら頑張ってみましょう。意外と上手にできて、料理に目覚めるかもしれませんよ。
手作りだと、ケーキの中に小さなプレゼントを仕込む等の演出も可能です。また、その他にも様々なサプライズの演出がインターネットサイトに載っています。アイディアが浮かばないという方は検索してみてはいかがでしょうか。
性心理学
男性にとって、女性の心理はナゾ。男性には理解できない、女性の言動もあるかと思います。やはり、脳の違いが影響しています。
イメージ重視の女性
女性は、イメージにこだわると言われています。例えばお店で商品を購入した際、「なぜそれを選んだの?」という問いに、女性は次のように答えるでしょう。「自分の部屋にあったらいいと思ったから」「自分のファッションに合っていると思ったから」「これを持って出かけたいと思ったから」等、「その商品によってハッピーになれる自分」をイメージできるかどうかで購入を決めるのです。
女性は共感したい
例えば「質問をする」という行動。女性は、初めて入ったお店でも、気軽にショップ店員に声をかけます。会話を通してコミュニケーションを楽しんでいるのです。好きなブランドやコーディネートについて、共通の話題で会話を楽しみます。女性はショップ店員が共感してくれると嬉しくなり、ついつい商品を購入してしまうのです。当てはまるという女性、多いのではないでしょうか。私もそうです。それなので、気に入ったものが見つかっても店員の態度が悪かったために店を出てしまうという事も、よくあります。女性は、どうせ買い物をするなら感じのいい店員から買いたいと思うものなのです。お店の名前を覚えておいて自宅からネットで購入するという方法もあるので、わざわざ気分を害してまでその店で買う必要はないと考えるのです。
ゴコロをとらえるテクとは
男ゴコロは意外と単純
男性に対するアプローチとしては、「視線を送る」「ボディタッチをする」「思わせぶりな視線や態度」等、様々なものがあります。「あなたに好意があります」という事を知ってもらえればOKなのです。男性は単純で思い込みが激しいものです。特に告白等は必要なく、あなたのアプローチに対して特に嫌な気持ちがしなければ、男性はあなたに好意を持ってアプローチしてきたり告白してきたりします。「オレの事が好きなのかな」と思ったら行動を起こしてくれるのです。
男性の気を引くアプローチ
男性は、積極的な女性に弱いものです。女性からアプローチをかけられて嫌な気持ちになる男性はいません。気になる男性にはアプローチあるのみですよ!主なアプローチとしては、相手を少しだけ長めに見つめてみたり、とにかく褒めたりしてみましょう。また、相手の名前を普段より多めに読んでみたり、理由をつけて会う時間や機会を増やしたりしてみましょう。それから、女性の一番の武器は笑顔です。普段から笑顔を絶やさないようにして、明るく挨拶しましょう。
男性目線から見た「優しい女性」
「優しい人」は、男女問わず恋人に求める条件ですが、男性が言う「優しい女性」というのは、「自分自身に気が利く些細な優しさ」を指します。例えば、男性が残業で仕事をしているときに横からスッとチョコレートをあげた時。または、夏の外回りから帰社した男性が席についたときに「お疲れさま」と冷たい麦茶を出してあげた時。これらのような「気の利く優しさ」に男性は惹かれるのです。
また、「余計な気遣い」も男性の重荷になってしまいます。仕事の上でのアドバイス等は、「上から目線」と受け取られる可能性があるので気をつけましょう。特に注意なのが、男性が車の運転をしているとき。「道、間違えてない?ここ、さっきも通ったよ?」なんて言ってしまっては、男性のプライドを傷付けてしまいます。
とめ
男性の脳と女性の脳は、造りが異なるという事は一昔前から言われています。「話を聞かない男 地図が読めない女」という本が出版されて、当時話題になりました。基本的に、男性の脳は直観力に優れている「右脳系」、女性の脳は記憶力に優れた「左脳系」であると言われています。この違いが、考え方の違いにつながっているのですね。異性の考え方や価値観を理解すると、意見の食い違いや誤解を招く事を極力避ける事ができます。難しい事はありません。まずは相手を理解するという事を意識してみましょう。おのずと、自分の感情を抑えて「どうしてそう思ったの?」と相手の考えを聞くようになると思います。お互いを理解できたら、今よりもっと素敵な関係になれる事でしょう。相手を常に思いやり、笑顔を絶やさないようにしましょうね。

HOME > 彼と彼女の恋活情報【お役立ち情報】男女別恋愛心理学~異性に求めるもの~

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号