会話でのNG/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > 彼と彼女の恋活情報【お役立ち情報】会話でのNG

持ちネタを全て出し切ってしまった場合は、何を話せばいいのでしょうか。
題が見つからず、焦ってNGネタを使う事のないように!
合コン等の初対面や、知り合ってまだ間もない相手に対してはNGネタが多く存在します。相手に対して失礼に当たる場合もあり、そうなれば今後の展開にも影響が出てしまいますので注意が必要です。
当たり前ですが下ネタはNG
たまに、初対面の女性に下ネタを振ってしまう困った男性がいますが、これはいけません。というか、男性へこの場をお借りして下ネタを言わないようにお願いしたいくらいです。下ネタが苦手な女性は多いのです。また、万が一下ネタを振られた女性は少し笑ってあげつつ他の話題へ変えましょう。
男性は、下ネタを振られた女性の恥らう女の子っぽい姿を見たいのであって、本気で会話に乗ってもらいたいわけではないようです。もし女性が下ネタに乗ってその場が盛り上がっても、男性心理では「彼女」としての可能性は限りなくゼロに近いものになってしまいます。
ネガティブな内容の話はNG
誰でも、否定的な話は聞いていて面白くありません。返事にも困ってしまいます。ましてや家族や友人への悪口、バイト先のグチ等、間違っても言ってはいけません。人の愚痴や悪口を言われても「へ~」としか答えようがありません。なにより、あなたに対しての評価が下がってしまいます。そしてなんと、ネガティブな事を言っている顔は必ずといっていいほど輝きを失っているものなのです。話している内容とそのときの表情は、リンクしています。それなので、楽しくてポジティブな事を話しているときは、生き生きとして澄んだ表情になるのです。そんなあなたの表情を見て、相手も「この人と一緒にいると楽しい」と思うのです。
また、なにか相談したときに相手がくれたアドバイスに対して「でも・・・」と否定して話しを聞き入れてくれない人もよく見かけます。相手の意見に対しても、ネガティブな返事をしないように心がけましょう。
過去の恋愛話
付き合いが長くなれば、そういう事が話題になる事もありますが、まだ日が浅いうちはネタにしないほうが無難です。
他に話題が思いつかないからと言って、過去の恋愛話で場をもたせようとする事のないように。男性は女性よりも格段にやきもち焼きなので、女性は特に気をつけましょう。同性の友人に聞くのと同じ感覚で話さないようにしましょう。
過去の話よりも、「これから先、二人で何をしたいか、どこに行きたいか」を話すほうが断然楽しいですし、建設的です。「最近オープンした○○水族館は、行った事ある?ないんだったら、今度一緒に行こうよ!」といった会話のほうが楽しいに決まっています。
「マザコン」
女性からすれば、マザコンを感じさせる男性はあまり印象が良くないようです。しかし、男性は基本的にみんなマザコンだと思ったほうがいいです。男性にとって、女性、特に母親は最も大切な存在です。ですから、「マザコン全否定」的な話をしてしまうとあなたの印象は最悪です。個人的には、母親を大切にする男性って素敵だと思いますが。親を親とも思わない非道な人も、中にはいますからね。そんな人よりよっぽどマトモだと思います。
自慢話を聞かされてもつまらない
つい、自慢話をしてしまう人はいませんか?人の自慢話ほど退屈なものはありません。聞いているほうは、「へ~」「だから?」なんて、つい攻撃的になってしまいそうになります。もちろん、そこは我慢して大人の対応をしなければいけませんが。相手が、自分では気づかずに自慢話をしてしまっている場合もあります。そんなときは、何気なく話題を替える等して対処しましょう。
宗教や経済ネタ
人によって宗派や経済に対する考え方は様々です。自らネタにはしないほうが無難と言えます。また、相手がそのようなネタを振ってきても、肯定や否定はせずにさらりと話題を変えましょう。
手の会話ネタに対するNGな受け答え
楽しい会話も、受け答え次第では相手に「自分と一緒にいてもつまらないのかな」と思わせてしまいます。
受け答えにも、気を配りましょう。
興味のないネタをふられたとき
もし相手から、自分には興味のないネタを振られた場合でも嫌な顔はしないのが大人のマナー。相手の話を聞きましょう。話しを聞きもせず、「興味がない」アピールをしてはいけません。どんな事にも興味を持つ事が大切です。自分が知らない分野だったら、相手にどんどん質問してみましょう。それによって、興味を持つ事ができるかもしれません。それでも、どうしても受け付けられなかったら、自然な流れで話題転換しましょう。
聞く態度についてNGな事
「話を聞くときは相手の目を見る!」とは、幼稚園で習いました。そのくらい、「相手の目を見ながら話を聞く」というのは基本中の基本です。しかし、実際にできていない人が多くて驚きます。あなたは、相手が話しているのについ携帯をいじっていたりしませんか?もし仮に相手の話がつまらなくても、「聞いていますよ」という態度を示し、適度な相槌を打って微笑みながら相手の話を聞きましょう。
また、相手の話に対してまず否定から入るのはやめましょう。自分では気付かないうちにやっている人が多いようですが、話している相手に真っ向から否定されてしまっては、話すほうも気分がいいものではありません。

HOME > 彼と彼女の恋活情報【お役立ち情報】会話でのNG

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号