おススメデートコース/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > 彼と彼女の恋活情報【お役立ち情報】デートコースの決め方~おススメデートコース

初めてのデート、ドコ行く?
報源は、どこから?
デートコースの情報は、どこで仕入れたらいいでしょうか。できれば相手に喜んでもらいたいと思いますよね。
情報誌
オススメなのが、その土地のコンビニでGETできる情報誌。観光地のコンビニは、その土地の情報誌が充実しています。現地に着いてから情報誌を見てどこで何をするか決めるというのも面白いですね。
少し話しが逸れますが、立ち寄ったコンビニでついでにご当地お菓子も探してみましょう。「定番お菓子の○○味(○○地方限定)」なんてレア商品が見つかるかもしれませんよ。話のネタにもなりますし、そこから会話が盛り上がるかもしれません。
インターネットでの検索
インターネットでは、リアルタイムでのクチコミ情報を見る事ができるので大変便利です。また、「デートコース」と検索すればいろいろな地域でのデートコースの情報を得られます。私が検索したときは、横浜中華街周辺のデートコースがヒットしました。知っている地域の知らない情報を得る事ができて、大変参考になりましたよ。
番外編
現地の地元の方に聞くという手もあります。タクシーの運転手さんに「ここら辺で、オススメのスポットってドコですか?」と尋ねてみましょう。観光雑誌には載っていない、穴場スポットを教えてくれるかもしれません。私は交番でも聞いちゃいます。お巡りさんは、すごく丁寧に対応してくれますよ。
性に任せっきりは、よくありません。
女性の方、「デートコースは男性が考えるもの」なんて思ってませんか?プランを立てるの、結構大変です。女性から「ここに行きたい」と提案してみるのもアリです。
ドライブ編
代表的なドライブデートですと、都心から1~2時間圏内の娯楽施設や温泉等に行くコースが多いかと思います。個人的には温泉て素敵だと思います。癒されますし、お肌がスベスベになるというのは女性にとっては嬉しい事です。お付き合いが始まってしばらくしたら、水着で入れる温泉施設や貸切混浴がある温泉もオススメです。二人で楽しめますし、入浴の後に部屋で休める日帰りプラン等を予約しておくとのんびりできます。
がっつり遊びたいときは遊園地デートがオススメ。丸一日楽しめます。できれば、翌日も学校が休みの際に実行したいプランです。
また、特に目的を決めないドライブも時には楽しいかもしれません。最終的な目的(例えば「海を見る」や「山に行く」)だけざっくりと決めて、当てもなくさまよってみるのも新鮮かもしれませんね。「目的がない」というのが苦手な男性もいるので、事前に確認が必要ですが。
わたしは一度、思いつきで都内から「高速道路を使わずに名古屋へ行く」というドライブをした事があります。いや~、運転疲れで彼は不機嫌になってしまうし、大変でしたね。これはオススメできません。さすがに帰りは高速道路で帰りましたが、今思えば当時の彼はよく付き合ってくれたなと(笑)
ドライブでは男性が運転する事が多いかと思いますが、助手席って眠いんですよね。あの心地よさは何なんでしょうね。しかし、何も言わずに寝てしまうと彼が嫌な思いをしてしまうので、帰り道でどうしても眠いときは「少しだけ眠ってもいい?」と一言断りを入れましょう。
電車編
たまには、車ではなく電車でお出かけしてみませんか?車のほうが安く済む事もありますが、電車の旅もなかなか素敵ですよ。とくに、地方のローカル列車はノスタルジックでかなり癒されます。ゆっくり田園風景を走る列車って、心がほっこりします。都会の喧騒から逃れて、大好きな相手と二人だけの世界に没頭できます。
バス旅行
バスのパックツアーに申し込んでしまうというのもオススメです。ツアー内容や曜日によっては、他のお客さんがおばちゃんばかりというシチュエーションもあり得ますが、電車ほど歩かなくて済みますし、運転疲れの彼を気遣う必要もないのでとってもラクです。帰りの車内では、二人で寝てしまってもOKです。
目的地が明確に記されていない「ミステリーツアー」なんていうのもあるので、マンネリデートでお困りのカップルには楽しめそうです。目的地のヒントで行き先が分かってしまうツアーもありますが、都心から日帰りできるツアーがほとんどなので使える手だと思いますよ。
ただ、こちらは勝手な行動をすると他のツアー客の迷惑になってしまうので、時間厳守等のルールは必ず守りましょう。
出かけデートでの注意点
せっかくのおでかけ。NG行動をしないようにしましょう。
道に迷っても相手を責めない
「○○くん(ちゃん)がこっちって言ったのに違うじゃん!」なんて、言ってはいけません。知らない土地では、道に迷う事もあります。不機嫌にならないようにしましょう。女性は地図が苦手という人が多いですが、「男性は地図が読める」という一般論に当てはまらない男性だっています。方向が分からず、地図をぐるぐる回しちゃう男性だっているのです。男性は、女性に尊敬されたいと思う習性があるので、責めたりしたらかわいそうです。どんなシチュエーションでも、相手を思いやる気持ちを大切にしましょう。
「疲れた」を連発しない
お出かけ終盤になってくると、疲れているのはあなただけではありません。相手も同じです。あまりにも「疲れた~」を連発すると、相手のテンションもガタ落ちで険悪ムードになりかねません。むしろ「疲れてない?」と気遣ってあげられる心の余裕を持ちましょう。好きな相手と色々なところにいきたいという気持ちも分かりますが、あまりにタイトなスケジュールを組んでしまうとデートの感想が「疲れた」という事になりかねません。スケジュールは余裕をもって、適度に休憩を挟む等して楽しいデートにしましょう。
帰宅したら必ずお礼メール
デートの後、女性は「今日はありがとう。楽しかったよ。また遊ぼうね」のように、必ずお礼メールをしましょう。男性は「今日のデート、楽しんでくれたのかな」と不安なはず。そして、「また誘ってもいいのかな」とも思っているので、文頭のようなメールを送れば喜んでくれますし、次回のデートにもつなげやすくなります。
外出だけがデートじゃない
金銭的な事を考えると、出かけてばかりはいられませんよね。お互いの家を行き来するくらいの仲になったら、おうちでお料理デートがオススメです。二人で何を作るかを考えて、二人で食材のお買い物へ行って、二人でお料理します。意外と、彼の包丁さばきが華麗だったりするかもしれませんね。ひとつのものを作り出すという共同作業から、二人の距離もますます縮まる事間違いなしです。これは、男性の家事力も見る事ができるので将来の参考になります。相手との結婚を考えている場合は、未来のシュミレーションもできてしまうという一石二鳥のデートです。

HOME > 彼と彼女の恋活情報【お役立ち情報】デートコースの決め方~おススメデートコース

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号