恋したくなる邦画紹介/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > How to 恋活 >【恋愛の方程式】恋したくなる邦画紹介

恋したくなる邦画紹介

恋したくなる邦画紹介

普段「恋愛って面倒くさいな」なんて思っていても、素敵な恋愛映画を見ると「恋がしたい!」と思ってしまいませんか?うまく恋活が出来ず「もうやめた!」なんて思っていても、素敵な恋物語を見れば「やっぱり恋がしたい!」と思うものです。

男性も女性も、最近枯れ気味だなと思っていた方は、ぜひ恋愛映画を見て下さい。
好きな人がいるのなら、その人と一緒にそんな映画を見られたら最高ですよね。今回は、恋したくなる邦画をご紹介致します。洋画のような恋愛に憧れていて、普段は邦画を見ないという方にもぜひご覧頂きたい映画です。

前特急(2011年)
   
婚前特急(2011年)

24歳OL池下チエ(吉田由里子)。5人の彼氏を作り恋愛を自由奔放に楽しんでいた彼女ですが、結婚した親友の幸せそうな姿を見て、5股をやめようとするラブコメ映画です。
若くて可愛い年下男子、リッチな年上の既婚者、時間が自由になる男性、愚痴が言える優しいバツイチ、お調子者だが気楽に付き合える気の合う男性。
チエは誰を選ぶのか?彼女の本当に好きな相手は誰?そもそも、この中に本当の相手はいるの?全力で突っ走っていく彼女の選ぶ結末は?
笑いながらも、全力で恋がしたくなる邦画です。この映画を見て恋活を頑張ってみませんか?

に届け(2010年)
君に届け(2010年)

椎名軽穂さん描く別冊マーガレットで大人気のマンガ『君に届け』の映画化です。
真っ黒な長い髪、白い肌、見た目が暗く、周りからはその陰気な容姿から「貞子」と呼ばれていた黒沼爽子(多部未華子)。噂とは反対に、純粋でひたむき、前向きで努力家の彼女。人に喜んでもらえることが嬉しいと言う、とても素直な少女です。
そんな彼女を気にかける、優しくて爽やかなクラスの中心人物、風早翔太(三浦春馬)。
そして、最初こそ爽子を怖がっていたが、噂と違う内面に気が付き、爽子と友人になっていくあやね(夏菜)や千鶴(蓮佛美沙子)
ピュアな気持ちにキュンとさせられる、高校生の爽やかな友情と恋愛と成長を描く邦画です。

ンサム★スーツ(2008年)
ハンサム★スーツ(2008年)

『ブスの瞳に恋してる』でベストセラーとなった、鈴木おさむさん初小説の『ハンサム★スーツ』。
優しい性格で料理上手な大木琢郎(塚地武雅)は、デブで不細工な容姿のため、性格は良いのに恋が成就したことはありません。そんな琢郎は、友人の結婚式に着ていくためのスーツを買いに紳士服店を訪れます。店長にすすめられたのは、着るだけでハンサムになれる「ハンサムスーツ」。スーツを着るとたちまちモテモテの大人気に!ハンサムスーツを着たときの彼は、光山杏仁(谷原章介)と名乗り、モデルにもスカウトされます。
人気者になった琢郎ですが、自営の定食屋「こころ屋」に新しくアルバイト店員として入った、前向きで仕事が出来るが容姿のよくない橋野本江(大島美幸)のことが気になり始め・・・。
人は外見?それとも内面?明るく楽しいラブコメでたくさん笑った後、心がじんわりと温かくなります。

空(2007年)
恋空(2007年)

美嘉さんによるケータイ小説『恋空』は、当時10代の女子中高生に大人気でした。
ごく普通の女子高生田原美嘉(新垣結衣)は、ヒロ(三浦春馬)と交際を始めます。ヒロは最初は美嘉に対して本気ではありませんでしたが、次第に本気になっていきます。ところがある日、突然ヒロは美嘉に別れを告げます。その後別の人と付き合うけれど、実はヒロが末期がんにかかっていて、美嘉の幸せを祈って身を引いたと知り、美嘉は彼氏と別れヒロの元へと戻ります。
当時はまっていた多くの方は、今でも見る度に甘くキュンとする気持ちを思い出せる恋愛邦画なのではないでしょうか?

7月24日通りのクリスマス(2006年)
7月24日通りのクリスマス(2006年)

吉田修一さん原作の『7月24日通り』を映画化。
地味で平凡なOL本田サユリ(中谷美紀)の毎日の楽しみは、出会う男性に「自分だけの王子様ランキング」を付けること。幼馴染みの森山芳夫(佐藤隆太)に、「恋がしたい!」と愚痴を言っていたある日、サユリの中で「王子様ランキング」のトップに位置する奥田聡史(大沢たかお)と再会します。クリスマスを目前に、憧れの恋を手に入れようと奮闘するサユリの姿が可愛くて、必見です。
乙女チックな恋の行方にワクワクするとても可愛らしい映画で、乾いた心を潤してもらえます。明るくて元気になれる、恋がしたくなる、女性におすすめの邦画です。気楽に楽しんでみて下さい。

イヨウのうた(2006年)
タイヨウのうた(2006年)

太陽の光に当たることの出来ない病気、色素性乾皮症(XP)を抱える雨音薫(YUI)。日の光に当たれないため、日が暮れている時間に活動し、日の出ている間は眠る、普通とは逆の生活を送っています。そんな彼女の生きがいは「歌うこと」。公園でのストリートライブで出会ったのは、サーフィンに熱中している藤代孝治(塚本高史)。彼と出会い、薫の毎日に恋が色づいていきます。一生懸命生きる薫の歌声が胸に響く恋物語です。

※この情報は変更することがありますのでご注意ください。

HOME > How to 恋活【恋愛の方程式】恋したくなる邦画紹介

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号