女性の恋活事情/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > How to 恋活【男女別恋活&婚活ケーススタディ women's恋活・婚活】女性の恋活事情

女性の恋活事情
婚していない女性の現実
そもそも今はどれ位の男女が結婚していないのでしょうか。まずはそこから探っていきましょう。50歳になった時点で未婚である比率を「生涯未婚率」と呼びますが、これが急に高まっています。国勢調査(総務省統計局)によれば、1980年~2000年の20年間でなんと5倍以上に増えているのです。
2005年時点で女性の生涯未婚率は7.2%となり、今後の見通しでは2050年に16.8%になると推計されています。
また、2007年段階の人口動態統計(厚生労働省)によると、女性の平均初婚年齢は28.3歳という結果があります。

未婚女性の割合をさらに細かくみていくと、30代前半では約3割が独身、30代後半でも約5人に1人は未婚という実態です。

30代前半(30~34歳)32.0%
30代後半(35~39歳)18.4%
40代前半(40~44歳)12.1%
※2005年国勢調査(総務省統計局)から引用
性が結婚を決断しづらい理由
このように年々、独身女性が増えている現実はおわかりいただけたでしょうか。
国勢調査によると、女性は年々晩婚化の一途をたどっています。(男性は早く結婚する人と、晩婚化の人とふたてに分かれるようです)
ではなぜ、女性全体が晩婚化といった現象が起こるのでしょうか?
それは、男性よりも女性の方が複雑な事情があるからだと考えられます。女性の結婚には「結婚後の仕事の継続」や「出産のタイムリミット」が大きく関わってきます。
男性はむしろ結婚する事で社会的信用度も増す事から、仕事に関してあまり考えなくてもよいと思います。しかし、仕事を持つ女性は結婚や出産により、独人時代に積んできたキャリアを手放さなければならなくなる危険があります。結婚によりキャリアにマイナスが生じるとなると、非常に決断しにくい問題になり、その結論を先延ばしにする事で年々晩婚化が進むのが理解できます。
性が恋活・婚活に励む理由とは?
女性たちはなぜ恋活や婚活に励むのでしょうか?
恋活や婚活を開始する年齢は人それぞれです。若い方だと高校卒業して就職したらすぐ婚活するという方もいます。
恐らく大多数の女性は「いい人がいたらすぐにでも結婚したい」と思っているはずです。
「結婚したくない」という女性の独身主義者は、男性よりかなり少ないと思います。
しかし、いわゆる結婚適齢期に結果的にいい人と巡り合えず、結婚のタイミングを逃し未婚のまま・・・という女性の割合は30代前半で32.0%というのが現実です。
シビアな話をしますが、結婚は間違いなく実年齢との勝負です。
その女性達を中心に、自分から積極的に動いて出逢いの確率を増やしていこうとする動きが、まさに恋活であり婚活です。
また、女性が結婚相手に求める条件も変わりつつあります。10年前までは、『三高』(高収入、高学歴、高身長)が言われていましたが、ここ数年は『三低』(低姿勢、低リスク、低依存)が重視される傾向です。低リスクとは公務員等の安定志向を意味します。
その安定志向の男性を探そうと、恋活や婚活に励む女性もまた増えているのです。
活・婚活の目的がすり代わっている事が結婚を遠ざける原因に!?
大多数の女性は「いい人がいたらすぐにでも結婚したい」と思っているとご紹介しました。しかし、この「いい人」基準がシビアであるがために、結婚を遠ざけてしまっているケースもあるようです。
女性が考える「いい人」の基準とは一体なんでしょうか?
優しい・面白い・イケメン・気配り上手・性格がいい・高年収・高級マンションで1人暮らし・ハイステータスな職業・次男・自分を養ってくれる等・・・「いい人」と感じる基準は様々だと思います。
ここで問題は、婚活の目的として「いい人=経済条件がいい人」がクローズアップして重要視される傾向にある事です。
もそもの婚活の本質とは
婚活の本来の目的は「生涯を通じて家庭を共に築いていける、自分に合った相手を探す事」です。しかし、今や婚活の目的は方向性を見失いつつあります。
例えば、

・経済条件が自分の希望に見合う相手を探す(自分がラクしたい?養われたい?)
・ハイステータスな妻という優越感に浸れる相手を探す
・絶対に専業主婦になりたいので、それでもいいと言ってくれる相手を探す
・優秀な子供を産み育てたいから高学歴の相手を探す

等のような、スペック目的の婚活をしている方が、一部いらっしゃるようなのです。
これは「条件婚」とも言うのでしょうか。
もちろん全員の女性とは言いません。
恋活・婚活本来の目的を忘れないで活動していただきたいと思います。
人探しなら「恋活パーティー」がおススメ
女性たちは恋人や結婚相手候補を探すため、積極的に恋活パーティーに参加しています。多くの異性から恋人(彼氏・彼女)候補を探すというものです。
特に学生さんにおすすめなのが「学生限定の恋活パーティー」です。
恋活パーティーとは会場を貸し切ってほぼ同数の独身男女の参加者を募り、全員の異性と順番に1対1の会話を楽しみます。
パーティーと言っても堅苦しい事は一切なく至ってシンプル。司会者が全て仕切ってくれるので進行に沿って参加すれば難しい事はありません。初心者にとってもハードルが低く参加しやすい形式です。一度に他の学校の生徒や多くの恋人候補と出会えるので「まずは出会いを」という方向けです。
参加しているは「全員が恋人・友達を求める学生」なので話題にズレがなく自然に盛り上がれます。最後のカップル発表もたいていは番号だけなので恥ずかしくありませんよ。
服装も少しお洒落をすれば良い位だから、学校帰りに気軽に参加できます。インターネットから24時間予約できるので時間にも縛られません。
性が恋活に躊躇する事とは?
男性のみなさんの中には「どうやって恋活したらいいかわからない」とか「恋活パーティーに頼らないと彼も探せないほどモテナイと周囲に思われるんじゃないか?」とかいうネガティブ志向の方がいると思います。
また「恋活パーティーに参加するなんて恥ずかしい」というような羞恥心を抱く方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、今や恋活も婚活もすっかり社会的に認知され、全国各地で恋活パーティーが行われたくさんの仲間が参加しています。恥ずかしいとか周りから白い目で見られるという心配はほとんど無くなっています。
出逢いの場としては「合コンや飲み会」となんら変わりはないのです。以前は女性にとってそういう場で男性と出逢う事は「恥ずかしい」という感覚が強かったのでしょうが、今は肉食系女子も増え、すっかりそんな心配はなくなりました。
とにかく一度参加してみる事をお勧めします!

HOME > How to 恋活【women's恋活・婚活ケーススタディ】女性の恋活事情

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号