通学と通信の違い/学生の婚活恋活応援総合情報サイト

HOME > 学生への宿題【資格を取ろう!】通学と通信、どっちがいい?

通学と通信、どっちがいい?
格学校に通って学ぶ?通信教育で学ぶ?
「資格をどう勉強をするか?」というのは、資格を取ろうと考えた時の悩みどころになると思います。本気で資格取得を目指すのであれば、まずはしっかりとした実績のある資格学校や通信教育を選ぶ事から始めてみましょう。
中には「自分は独学で頑張る!」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、取得しづらい資格になればなるほど、独学でゴールにたどり着くのは難しいのが現実です。
なぜかと言うと、何から手をつけるべきかわからない場合が多く、見当違いの努力をしてムダな時間を過ごしているというケースが多々あるからです。

効率よく勉強を進めるノウハウを専門講師から教えてもらえるのが「資格学校・通信教育」です。このノウハウを学びに「資格学校や通信教育へ入学する」と言ってもいい位です。
独学で頑張れるのに越した事はありませんが、効率の良い学び方を理解するのが合格への近道となります。
確実な結果を求めるのであれば、もちろんそれなりのお金はかかります。
学生の方は経済的に大変かもしれません。
しかし、まだまだ経験の浅い学生の方々は特に「何から手を付けていいのかわからない傾向」が見受けられますので、初期投資は覚悟の上で資格学校に通うなり、通信教育を受けるなりして、知識を身につける事をおすすめします。
格取得には独特の「コツ」がある
受験勉強や学校のテスト勉強とは違って、資格取得には「コツ」があります。
具体的には、過去の出題傾向を把握する事であったり、問題のとき方であったり、効率良い勉強の進め方であったり、スケジュールの立て方であったりしますが、そのコツをわかっているのとわからないのでは雲泥の差がでてしまいます。
また、資格試験の試験日程は、高校・大学の入学試験のように全てが同じ時期に行われる、と決まっている訳ではないので、目指している資格によって試験日程も申込期日も全て異なります。1年に1回しか試験日設定がない資格もたくさんあり、一度きりのチャンスを逃してしまうと、次の試験までまた1年間待たなければならないという事にもなりかねないのです。さらに受験の申込み申請や書類提出もなかなか面倒くさいものです。
最悪の例として、申込期日をすっかり忘れてしまい、気づいた時には締め切り後、結局申し込めず1年待つ事に・・・なんて泣いても泣ききれません。 そういったスケジューリングも含めて自分ですべてやる手間を省略し、資格学校や通信教育にお任せできれば、結果的に勉強にも集中できるというメリットもあります。
金の違い
一番気になるのは料金ではないでしょうか?
資格取得にかかる費用ですが、もちろん全て自分の努力次第である「独学」が最もお安くなると思います。通学も通信教育の場合も「資格の種類、期間、コース、サービス範囲」等によって千差万別なので一概には比較できませんが、通常は通信教育の方が比較的お安くなります。
通学の場合なら、テキスト代・講師の授業料・教室使用料に対して費用が発生するのはもちろん、友だちとのコミュニケーション、試験に関わる情報提供、授業のフォロー、講師への質問、勉強ノウハウ等・・これら全てに対して支払っていると考えましょう。
通信の場合なら、教室使用料や友だちとのコミュニケーションはありませんが、模擬テストや様々な書類を送る際の郵送料等が含まれるケースが多くなります。
もちろんリーズナブルに申し込める事が理想ですが、ただ安いからと言ってすぐに飛びついてはいけません。せっかくお金を払ったのに「テキストだけ送られてきて、後はほったらかし」では独学と変わりなくなってしまいます。(あまりそういった学校は存在しないと思いますが・・・)
例えば、合格実績はどうでしょうか?料金に含まれているサービス範囲はどのようなものでしょうか?料金に含まれているものと、含まれていないものを明確にしてみましょう。合格保証(万が一落ちてしまった場合のフォローサービス)・模擬試験代・検定代まで全て込みコースもあれば、追加に関わる費用・模擬試験・検定代は全て別払いのコースもあります。結局トータルの金額がいくらかかりそうなのか「実際に支払う金額」で比較して検討するのが得策です。
例えば、長期間通えばそれだけ料金が発生すると思いますが、それだけ受けられる授業回数も多く、ゆっくりじっくり学ぶ事ができます。短期コースだとスピーディーには学べますが、内容を割愛したかなり駆け足な感じになると思います。インターネットやパンフレットで調べる等して、自分の希望マッチした納得のできるコースを選びましょう。 また、繰り返しになりますが、確実な結果を求めるのであれば、やはりある程度の出費は覚悟して下さいね。
イフスタイルで選ぶ
通学制は文字通り資格学校に通学する方法です。現在の生活スタイルを崩さずに資格取得を目指せるので、自由度が高く自分のスケジュールを組み立てられるのがメリットです。
通学する資格学校の選び方として「高い合格率等の過去の実績が明確な資格学校」や「生活圏内から通いやすい資格学校」を選ぶのがポイントです。学校が休みの日や長期休暇中等に通う事をお考えなら、できるだけ自宅や学校から近い、通学で使う電車の沿線にあるのが理想です。通うのが不便だと、足が遠のいたり交通費が余計にかかったりする場合もあります。
往復にかかる時間ももったいないですので、そういった場合は通信教育を検討してみましょう。自分の負担がかからない方法を選んで下さいね。
以下に通学と通信それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。
選ぶ時の参考にして下さいね!
学による資格取得のメリット・デメリット
メリット
講師から直接講義を聞けるのでので、知識が頭に入りやすい
疑問点は直接講師に質問できるので、その場で解決できる
クラスの仲間と情報交換ができる、切磋琢磨して頑張れる
特別な出逢いが待っているかも!?
デメリット
遠隔地に住んでいる場合、往復の移動時間がかかる
わざわざ通学するのがめんどう
忙しくてなかなか通う時間が作れない
資格学校の時間割に自分のスケジュールを合わせなければならず、欠席したらアウト
信教育による資格取得のメリット・デメリット
メリット
自分のペースで都合のいい時間に勉強できる
住んでいる地域に縛られない
自分で時間を作ってスケジュール管理ができる
急なスケジュールの変更にも柔軟に対応できる
デメリット
自分の意思だけでやり遂げなければならない
1人なので集中力や緊張感が不足になりがち
不明点をすぐに質問できないのが不便(メールや郵送によるタイムラグ)
自分を甘やかすとスケジュール通り進まない、勉強がみるみるうちに遅れてしまう

HOME > 学生への宿題【資格を取ろう!】通学と通信、どっちがいい?

学生の恋活・婚活を応援
恋活パーティー ステラステューデント EXEO STUDENT 学生インターンシップinハワイ マリアージュ号